2015年01月06日

月暈

DSCF5030-5.jpg
1月6日の夜空、
満月前後の明るい月のまわりに大きな光の輪が
「月のかさ」、「月暈(つきがさ、げつうん)」などと呼ばれる現象
月が透けて見えるような薄雲(巻層雲)が広がると、
この雲に含まれる小さな氷の粒がプリズムのような役割をして月暈が現われる
上空の氷の粒の状況により、雲のように白っぽく見える場合や
虹のように色が分かれる場合もある
とのことでした。
初めて見ましたが物凄い大きさでした。
調べたところ日中も「日暈(ひがさ、にちうん)」もあるみたいです。
機会があれば出会ってみたいものですね。

菅原
posted by ちゃんと at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記