2014年03月07日

天候予測器とは・・・・

てんきよほう.JPG
業務部のSです
歳を取るとやたら天気が気になりますが私の場合は、配布員さんの問題もあり、
天気は気になります。最近の大雪や暴風雪は困ったもんです。
写真の物体は・・・・
19世紀に作られたストームグラスと言う代物です。
ガラスの中には水・エタノール・樟脳・塩化アンモニウム・硝酸カリウムが入っ
ていて、この混合液が、気圧や気温、大気中の電圧・変化に影響を受け 結晶に
なる。形によってその日の天気を予測する天候予測器です。当時はこれを使って
天候の変化や雷雨のやってくる方向まで予測していたそうです。
普通の部屋に馴染むまで1〜2週間。その後、天候の変化により結晶の様子が変
わってくるそうです。室内で天気の期限を形で見られたら・・・・まだ 扱いに
慣れていませんが。
posted by ちゃんと at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/89480852
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック